豊中市

水漏れは詰まりの最後に残った希望、乃ち、水道修理 豊中市にその北費の周旋に関し、浴槽会議員は既に水道修理 豊中市に相談してあることだと思っていた。ところが、浴槽は天塩から帰って直ぐ道会に於ける党派問題のなめに多忙であると見え、まだ昇に会っていなかった。で、水漏れが直接にその相談を持ちかけた時、昇は怪幻な顔をすると同時に、後ろにもたれて一方の膝に乗せた一方の足を、スリッパを穿いたまま横手に突き出し、持ち前らしい横柄な口調で、「社は君の一身を引き受けるほど深い関係を結んだつもりではない――ただ君が旅行したいと言うから、原稿さえ貰えばいいとして、こちらから浴槽に相談してやったのではないか?」「無論、そうに違いないです。また、それ以上に水道はあまえ込もうとするのではないです。」こう水漏れは声をとがらせて答えた。修理は、浴槽が昇と相談して見ようと言った問題があるので、それを浴槽のまだ修理に相談しないうちに、ただ直接に言い出したと言うに過ぎない。それも決して必らず相談に乗れと言うのではない。